横浜ベイスターズのことから日常の諸々まで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年を振り返る(1)

大変お久しぶりです。
早くも年末。せっかくなので、何回か(2回の予定)に渡って今年を振り返ってみたいと思います。

第一回目は2009年・私の音楽ライフ!
今年は大学に入り、時間も余裕が出来たので、たくさん音楽を聴いた年でした。
CDもそこそこ買いました。
…まだまだ欲しいCDはあるのですが。。
CDラックを購入するのがどうやら先決のようです。

以下、今年購入したCD。
(今更!?というのもありますが。)

・邦楽
木村カエラ「BANZAI」(シングル・初回限定DVD付)
RADWIMPS「アルトコロニーの定理」(アルバム)

・洋楽
Jonas Brothers「A Little Bit Longer」
Jonas Brothers「Lines,Vines And Trying Times」
Joe「Signature」
Carrie Underwood「Some Hearts」
Carrie Underwood「Play On」
The Rascal Flatts「Unstoppable」
Taylor Swift「Fearless」
Jennifer Hudson「Jennifer Hudson」
Susan Boyle「I Dreamed A Dream」
Rihanna「Rated R」
Daughtry「Daughtry」
Lady GaGa「The Fame」
「Perfect!R&B2 -Sexy Urban Play List-」
「Grammy Nominees 2009」
「Motown 50 Japan Edition」

見てみると、ブラックミュージック好きな私ですが、“いかにも!”なCDは
Jennifer HudsonとJoe、そしてRihannaあたりですね。
欲しいを連呼しながら結局…パターンが多すぎます。

Joe、やっぱり大好き!!

対して、今年はカントリーを聞いた年でした。
アメリカの売れ筋カントリー歌手は大体聞きました。
Carrieの2ndを早く手に入れたいものです。
The Rascal Flattsなんかは完全にDanny Gokey効果です。爆
勢いに任せてアルバム買っちゃいましたから。
何といっても、今年はTaylor旋風が吹き荒れてました!
ルックスも声も歌詞もメロディーも、とにかくCute!
やっぱり天は二物を与えます。
(でも、彼女は下積み期間が長かったんですよね。)

次世代Queen Of Pop・Lady GaGaの勢いも凄かった!!
今年6月のショーケースライブには行けたのに、来年の単独公演はチケットが取れませんでした。
追加公演が決まったそうなので、こちらは是が非でもチケットを取りたい!!
彼女はどんなに激しいダンスナンバーでも、絶対生歌なのがポイント高いです。
2010年のGrammyはLady GaGa・Beyonce・Taylor Swiftの三つ巴。
誰がどれだけ獲っていくのか、今から楽しみです。

なぜか日本では全く報道されなかったDV事件から復帰した、Rihannaのニューアルバム発表も嬉しかったです。
CuteなDivaから、みごとCoolでBadなDivaへ大変身!
今のほうが、素のRihannaっぽくて好きです。
実質的なカムバックとなったのはJay-Zのシングル「Run This Town」での客演でしたが、曲の始めのRihannaの歌声を聴いて、鳥肌が立ちました。
今までどおりの芯のある声に強さが加わっていましたから。
乗り越えるのは容易なことではなかったはず。
それでも、約半年という短い期間で表舞台に戻ってきてくれたのは凄く嬉しかった。
何年間かは大好きなRihannaのパフォーマンスを見れないことも覚悟していましたから。
これからも、ずーっと大好きです。
アーティストとしてはもちろん、女性として幸せになってくれたら、言う事はありません。


今年はライブにも行けました!
Katy Perry
Lady GaGa(ショーケース)
Beyonce
Ne-Yo
East West Boys(フリーライブ)
RADWIMPS(2日間)
木村カエラ

中でもBeyonceの終盤(というかラスト)は泣けました。
Haloの大サビでスクリーンにMichael Jacksonの写真が映し出され、メロディーに乗せてBeyonceが
Your music will never fade away...と言った、このフレーズが沁みました。
まさに絶唱という言葉がピッタリでした。
あれ以来、Haloが聞けません。聞いてはいけないような気がして。
I can see YOUR halo.

Ne-Yoはオープニングアクト3組が長すぎる!
終電ギリギリでした。(翌日は1限から授業だというのに!)
DJ KOMORIは、あの場に居たお客さんの好みバッチリの選曲で会場のボルテージを上げ、
LIL EDDIEはデビュー前ながらも、比較的Ne-Yoっぽいメロディーと声で会場を納得させたまでは良かったのですが。
初ステージのJASMINEが出てくるあたりでは、会場中が「早くしろ」的雰囲気でいっぱいでした。
最終的には曲終わりの拍手がまばらになる始末。
雑誌やネットで公式に出ているレビューでは物凄く持ち上げられていましたが、実際は…。
会場にはミーハーなファンと同数、それ以上のコアな(ブラック)ミュージックファンが居ましたから、オーディエンスの耳が主催者の想像以上に肥えていたようです。
正直な話、私好みのアーティストではないのですが、それでも可哀相になってきましたもん。
せめて最初にやらせてあげれば、こんな惨事にはならなかったと思います。
本編はセルフカバーメドレーに大満足!
Irreplacable/Beyonce
Take A Bow/Rihanna
Spotlight/Jennifer Hudson
Knock You Down/Keri Hilson feat.Kanye West&Ne-Yo
Let Me Love You/Mario
Irreplacableは是非とも聞きたかったのですが、大人の事情でグレーゾーンになってしまった曲なので、イントロが流れてビックリしました。
さすが、GentlemanのNe-Yo、タキシードで歌って踊っていました。
うーん、そのカッコでSay ItとかSexy Love歌われましても…。爆

Katy Perryのライブはハコが小さかったこともあり、かなり熱狂的でした。
お客の半数近くが外国人(含・追っかけ)ということで、ここはどこ?状態に。
会場中がずーっと合唱でした。
でも、今年一番盛り上がったライブでした!
次のライブも絶対行きます!!
…ってことで、新作待ってます(はぁと)


番外編。
今年は映画も過去最高数、劇場で鑑賞しました。
High School Musical The Movie
17 Again
Twilight Saga(邦題:トワイライト~初恋~)
風が強く吹いている
Michael Jackson This Is It
2012(試写会)
Twilight Saga -New Moon-
Up!(邦題:カールじいさんと空飛ぶ家)

来年こそ、邦題のセンスが良くなりますように…。爆

スポンサーサイト
コメント
お久しぶりですね!
こんばんは!!みさとさん!!お久しぶりですね!

洋楽、めちゃくちゃ聴きまくった年ですね。
さすがにここまで話しはついていけない。(^^;;
洋楽も邦楽同様にアコースティックな曲や
クラシカルな曲を好むので、
《クイーンは別格ですが。》
カントリーやブラックは本当に聴かなくなっているジャンルですね。
学生時代はブラックも聴いていたんですが。
みさとさんの音楽の範囲はすごい!
これだけ幅広く聴くと、感性も豊かになりますね。見習います!(笑)

それから、2009年もお疲れさまでした!
なかなか上手くコミュニケーションが取れなかったのが残念でしたが、
それはまた来年2010年に!
どうぞ良いお年をお迎えください!
2009/12/31(木) 01:28 | URL | ふうちゃん《ふうさん》 #ThIE9Fac[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。